食あたりの症状と対処の方法

食あたりは最初、風邪にも似た症状が起こることがあります。
腹痛や嘔吐、下痢や発熱などが主な症状ですが、中でも下痢は水のような便の下痢ま粘膜や血液が混ざることがあります。
原因としては、食品中に存在していた細菌が主で、全体の7割を占めています。
家で対処できるのは、下痢・嘔吐を伴う食あたりの一般的な症状で、その原因がある程度推測できる場合です。
しかし、1・2日安静にしていて、さらに発熱や重い腹痛が出る場合は、医療機関を受診してください。
医療機関を受診したら、医師の診断に従ってください。
薬は医師の指示通りに服用します。
けして自己判断で飲んだりしないように注意してください。
家でのセルフケアとしては、水分の補給ですが、吐き気が収まらず水分補給が困難な場合は医師に相談してください。
補給する水分はスポーツドリンクやイオン飲料などがよいでしょう。
食事は吐き気が収まってきたら、少しずつ重湯、お粥などから進めていきます。
食あたりは予防が基本です。
日ごろから菌を増やさないように調理器具の使い分けや殺菌などを心がけるようにしましょう。

エアコン販売時の送料無料

久保山清苑で法事

地上デジタルのアンテナ工事の依頼なら
http://www.kiyoseantena.com/
一日20件を超える発注があるほど人気のようです。

初めてのネットショップ運営ならECレスキューにお任せ

御幣島周辺で駐車場をお探しですか?

最新の関連ページ一覧

一度、牡蠣で食あたりを経験したことがありますが、そのときの症状は中々に悲惨なものでした。
一般

食あたりの症状の体験談

食あたりは細菌に感染している物を食べたことで発症します。
感染型と毒素型に分かれ多くは感染型に

食あたりの症状と対策について

食あたりになってしまうと様々な体の不調が出てしまいます。
まず1番多い症状としては下痢になって

食あたりの場合は下痢になる事が多いです

Copyright(c) 食あたり 症状 . All Rights Reserved.