最新の関連ページ一覧

食あたりの症状と対策について

食あたりは細菌に感染している物を食べたことで発症します。
感染型と毒素型に分かれ多くは感染型になります。
出血性大腸菌、黄色ブドウ球菌、ノロウィルスが有名で、症状としては腹痛、下痢、嘔吐、発熱の症状が出ます。
肉、魚介類、卵など生鮮食品など生で食べるものは発症リスクが高まり注意が必要です。
また、黄色ブドウ球菌は人に付着しているので食品に触れる時は気を付けましょう。
缶詰やハチミツなどから感染するボツリヌス菌は呼吸困難などの神経障害が現れます。
嘔吐や下痢は体内に入った菌やウィルスを体外に排出する働きがあるので薬などで対処するのは注意が必要です。
脱水症状に気を付け適切な水分補給をしましょう。
嘔吐では喉に詰まる事もあるので子供や高齢の人には気を付けましょう。
暖かい季節になると食あたりになる可能性が多くなります。
食べ物は加熱殺菌、調理器具などの洗浄、手洗い、適切な温度の冷蔵管理しましょう。
中毒は予防が可能と思います。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 食あたり 症状 . All Rights Reserved.